Papioのサッカーと投資と登山と旅と

好きなことを適当に書いています。

2019 J1 第22節 大分トリニータ 対 ヴィッセル神戸

暑さで体力的に厳しい。選手交代が重要なだけに交代タイミングには不満。

 

結果

大分トリニータ  1-1  ヴィッセル神戸

 

古橋のナイスゴールも、ミスから簡単に失点してしまい、不満の残る試合となってしまいました。

 

そして失点してからは、パスが繋がらなくなり、体力も消耗し、攻める形も殆ど作れず、かといって選手交代を適度なタイミングでする訳でもなく、後半はストレスの溜まる内容でしたね。

 

シーズンを考えると、できればアンドレスはフルタイムで無く、交代させてあげたい。

なので、リードした状態で最後の10分、15分は交代するのが理想なのですが、なかなかそういう展開にはなりませんね・・・

 

猛暑だからこそ、3人の交代枠を有効に使って欲しいのだが・・・。今節の交代タイミングは不満です。

 

期待の藤本選手も殆どボールに触ることができず。時間が無さすぎで可愛そう。明らかに体力消耗していたサンペールを安井と交代する時間も89分と遅すぎる。

 

やはり守備が一番の課題ですねー。飯倉選手に助けられました。危うく逆転負けするところでした。

 

次節は、ホームの浦和戦。選手の本気で戦う姿を見て、拍手を送ってあげたい。

 

今日の様な試合観ると、やはりヨーロッパリーグと同じように秋春制の方が良いのではと思ってしまいます。

 

PAPIO

2019. J1 第18 19 20節 神戸成績

辛い結果が続くが,現実を受け入れるしかない

 

フィンク監督になり、調子が上がってきたように思えたが、ここにきて3連敗は厳しいね。

 

昨日の試合は絶好調のマリノス相手で、前川のミスは、あってはいけないものだが、
主審のミスジャッジもあって、相手にレッドカードが与えられ、
さらに1人少ないながらも、機能するマリノスにやられてしまった。
これは実力差ということである程度仕方がないとも思う。

 

それよりも、その前の相手、大分、清水、湘南相手に勝ち点1しか取れなかったことの方が痛い。

 

今の神戸の雰囲気は逆転されたり、後半に失点すると
取り返そうという熱意が感じられないことが致命的だ。

 

監督をもう交代させるわけにはいかない。
ある程度覚悟もしておかないといけないかも。
それぐらい危険な状態と思う。

 

それにしても後半終盤での運動量の無さが気になる。
今のJリーグ、現代のサッカーでは走れないと厳しいね。

 

我慢の時ですね。

 

でも、7/27のバルサ戦は観戦に行きます。
気分を入れ替えるためにもいいんじゃないかな。
ボコボコにやられるかもやけど・・・。

 

PAPIO

2019 J1 第17節 ヴィッセル神戸 対 名古屋グランパス

エンターテイメントとしては、最高の試合。


結果  ヴィッセル神戸 5-3 名古屋グランパス

 

スタッツ

神戸         名古屋
40%  ボール支配率  60%
9    シュート    18
7         枠内シュート      7

 

得点者 
神戸: ダビド ビジャ(27')アンドレイニエスタ(63')
    アンドレイニエスタ(69')ダビド ビジャ(80')小川 慶治朗(87')
名古屋: 和泉 竜司(58')宮原 和也(66')中谷 進之介(77')

観客数:22,123人 @ノエビアスタジアム神戸


試合の感想

生観戦していたら、チケット代の元は十分に取れた試合内容でしたね。
取って取られての繰り返し。ビジャの2ゴールとイニエスタの2ゴールとゆりかごダンス。そして、我が小川 慶治朗 が勝負してもぎ取ったダメ押しゴール!
最高の展開じゃないですか!

 

しかしながら、守備に関しては、やはり反省点はありますよね。
前半10分の名古屋 前田がオフサイド取られたシーンは完全に崩されていた。
これは副審のオフサイドジャッジで幸運でした。

3失点目は、またミスによる失点ですね。
ゴール前での扱いはシンプルにしないと・・・。しっかり反省して、次に活かしましょう。

 

PK以外の神戸の3得点はいずれも、素晴らしいゴール。
1点目のビジャのゴールはこれぞワールドクラス
2点目のイニエスタのゴールも流石。子供が生まれてからの初試合でゴールを決める。
やはり一級品です。

 

5点目の小川 慶治朗は、ゴール前で勝負してもぎ取ったもの。
また拮抗した試合で2点差をつける非常に重要なゴールでした。
そして、何より生え抜きの小川 慶治朗が決めてくれたことが嬉しい。
スタジアムにいたら、ハイタッチの応酬だったろうな。行きたかった・・・。

 

 審判について
前半9分のビジャが最高のタイミングで抜け出すもオフサイド取られる。
前半10分の名古屋 前田がゴールネットを揺らすもオフサイド取られる。

前半18分のビジャが取られたオフサイド


両サイドの副審ともに、オンサイドなのにオフサイドの判定。
最近Jリーグの審判のオフサイドの判定ミスが多く感じる。
これはレベルアップしてもらいたものだ。

ビジャも抜群のタイミングで抜け出しているのに、これだけいつもオフサイド取られると辛いよね。

 

主審のジャッジについては、全体的に悪くなかったと思います。
郷家がPK取れたシーンは微妙だったが。完全にファールでないともいえない。

 

今日ばかりは試合の余韻に浸ろう・・・。

 

PAPIO

 

 

2019 J1 第16節 ヴィッセル神戸 対 大分トリニータ

勝ち点3を取り損ねる詰めの甘さはあるが、悲観する内容ではない。

結果 ヴィッセル神戸 2-2 大分トリニータ

 

得点
神戸 ダビド ビジャ(6')ウェリントン(26')
大分 オナイウ 阿道(8')小林 成豪(89')

 

 大分の戦術を十分に分析し、DFラインのチェイシングでミスを誘い、2点を奪ったのは流石。しかしながら、1失点目は、判断ミスによる失点。
2失点目は、最後の締め方の甘さで勿体ないドローになってしまいました。
課題は明確なので、監督に修正してもらいましょう。

 

勿体無い引き分けになりましたが、フィンク監督の元、確実にチームは上昇していると思います。


しかし最近、チームの戦術なのか、GK絡みのミスでの失点が多いような気がします。
1失点目はイージーにクリアしておけば済んだものの、繋ぐ意識が強いがためのミスでした。これは、前回も同様の失敗をしているので、確率的に厳しいところは大きくクリアという明確なルールにすればいいのだが。
前節のFC東京でも、GKからのパスミスであやわ失点というシーンもありましたしね。

 

89分の小林成豪の得点は、なんというか古巣に対する意地というか、相手を褒めるしかないですね。しかし、対処の仕方はあったはずなので、しっかり振り返ってほしいです。まあ監督がしっかり締めてくれると思いますが。

 

そして、3点目を取れなかったことが、今回の最大の反省ではないでしょうか。

下を向くような内容ではないので、次節が楽しみです。

 

最後にホームで気になるのが、結構選手が滑っていること。ハイブリッド芝で試合前に水を撒いていることもあって、相手チームだけでなく、神戸の選手も滑るシーンがよく見られます。
これって、地の利を活かして、対策ってできないものかしら? スパイクで対策できんのかな?


前田凌佑も小林成豪も、神戸生え抜き選手が活躍しているのは嬉しいですね。

 

PAPIO

2019  J1 第15節  FC東京 対 ヴィッセル神戸

新監督で初勝利 勝って兜の緒を締めよ。

 

結果

FC東京    0 - 1    ヴィッセル神戸

 

スタッツ

 42%        ボール支配率      58%
14            シュート             16
  2            枠内シュート        3
111.3km  走行距離             109.2km
  1           オフサイド             2
14           フリーキック       13
10           コーナーキック     8 

 

運も味方についたアドバンテージもありましたが、
それにしても首位からの勝利は、チームに自信を取り戻す意味でも非常に大きい。

 

フィンク監督の手腕についての評価は、まだまだこれから数試合みないと何とも言えないが、昨日の試合を見る限りでは、選手を鼓舞し、盛り上げるのが上手と見た。

 

また、選手交代についてもVIPだからとか関係なしに交代してくれそう。
そのあたりは、監督経験が豊富であり、ドイツ人らしい規律を求める気質かもしれませんね。

 

今節で印象に残った選手は、小川慶治朗かな。
4バックのシステムになって、守備の負担が減った分、思い切ったプレーができていたように思う。


また、豊富な運動量で、守備でも決定的な場面を2度は救ったと思う。
あとは得点への決定力・・・。前半のゴールが決まっていれば・・・。

 

先発からのフル出場は今年初では?
本人も自信になったでしょうし、次節以降に期待だね。

 

スプリント能力があるので、イニエスタやビジャとの連携を深めて、
攻撃で思い切ってスペースに走り込むシーンを沢山見たい。

 

この勝利で舞い上がらず、次節の大分戦が本当に大事。
外国人選手も帰ったくる中で、メンバーをどう選定するかも楽しみなところ。
監督の手腕を拝見させてもらいたい。

 

PAPIO

 

 

 

 

 

大変なシーズンを過ごす最中ですが

我がヴィッセル神戸の調子が悪いなか、なかなかコメント書く意欲が湧かないですね。

 

2018年度の各チームの決算報告の記事が出ていました。

我がヴィッセル神戸は10億5200万円もの黒字を計上!!!

 

イニエスタ加入による費用の増加以上に収入があったとのこと。中身は楽天グループからの支援がほとんどかと思いますが、本当にありがたいことです。

 

結果をすぐに求めるオーナーであり、選手起用への介入など良くない噂も出たりしていますが、個人的には感謝しかないですね。

 

ただ苦言を言わせていただくと、チームのスタイルが浸透するのは時間がかかるもので、辛抱強く見守っていただきたいですね。

 

楽天グループの取引先との接待利用や、宣伝の為にチームを使うのはどんどんやっていただきたい。

今は結果ではなく、エンターテイメント性のある試合内容にこだわって欲しい。

 

まだACLに出場しなくてもいい。ただ「神戸って楽しい試合するね。また試合観戦したいね」って言われるチームになって欲しい。優勝狙える結果を求めるのはそれからじゃないかな。

 

2018年度の収入の記事はこちら

https://diamond.jp/articles/-/204713

 

PAPIO

2019 J1 第13節 ヴィッセル神戸 対 湘南ベルマーレ

希望が見えたリーグ8連敗からの勝利!!

 

結果

ヴィッセル神戸 4-1 湘南ベルマーレ

 

得点者:神戸 ウェリントン(54')、三田 啓貴(73')、ダビド ビジャ(75')、ウェリントン(86')、湘南 指宿 洋史(90')

 

スタッツ

61%    ボール支配率   39%
13      シュート    7
107.4km   走行距離    113.5km
550(80%)  パス(成功率)  315(68%)
1     オフサイド    2
13     フリーキック   6
4     コーナーキック  3
0       警告     2

観客数:18,091人 @ノエビアスタジアム神戸


長い長いトンネルから抜け出した勝利。本当に辛い日々でした。
今日の試合は、運もありましたが、選手の勝ちたい気持ちが全面に出ていたと思います。

 

やっぱり先制点を取るのが大きいですね。
メンタル面での落ち着きが全然違います。
前半に1点取られていたら、展開はぜんぜん違っていたでしょう。

 

それ故に先制点がいかに大事かですね。
また2点目の三田のゴールは、見事としか言いようがない。
生観戦したかったです。

 

パスをつなぐサッカーに固執するのではなく、
ロングパスやカウンターもタイミングや状況に応じて使う。
そのような臨機応変さが必要ということです。

 

この1勝を契機に、勝利を重ねていってほしい。

 

そして、次節の戦い方がさらに大事です。
次のジュビロ戦でまた、よく意図がはっきりしない戦術にならないように、
しっかりと準備して欲しいものです。


PAPIO