Papioのサッカーと投資と登山と旅と

好きなことを適当に書いています。

2024 J1リーグ 第7節 ヴィッセル神戸🆚横浜Fマリノス

昨年のホーム敗戦よりは、内容ではイーブンに近かったかな。紙一重のところで相手の方が運も手繰り寄せた感じ。下を向くことは無い。

 

<結果>

ヴィッセル神戸 1-2 横浜Fマリノス

得点: 神戸:宮代 大聖(66') 横浜:(47')アンデルソン ロペス(83')ヤン マテウス

観客数23456人  ノエビアスタジアム神戸

 

前半は神戸が支配していただけに、先取点を取れていれば、と悔やまれます。

後半は、横浜がクロスを上げたボールに酒井高徳選手がなんとかクリアーしたボールに前川選手が反応してしまい、ちょうどアンデルソン・ロペスの前にボールが行き、なんとも不運な失点となってしまいました。

際どいクリアーボールだったが、あれを見逃していれば、ゴールにはならなかったかな。まあ本能的に反応してしまうのが普通でしょう。

 

大迫選手のまさかの負傷交代という緊急j時代が起きても、同点に追いつく力はあり、宮代選手の今後にますます期待が膨らみます。若きエースとなってくれ!

 

前川選手のレッドカードは致し方ないかと。そのあとの2失点目はどうにも痛い。

一番取られてはいけない選手に取られた感じ。あの位置でフリーでヤンマテウス選手にシュート打たれるとこうなる。

 

1人少なく、1点ビハインドの苦しい展開になったが、それでも選手は諦めず、果敢にゴールに向かって攻める姿勢を見せてくれたことは、拍手を送りたい。

 

負けはしたが、決して下を向く必要はない。負傷者や退場者が出て、次節はどのようなメンバーで臨むのかも、監督の手腕の見せ所かと思う。

これまで出場機会の無かった、少なかった選手は、むしろチャンスを思ってもらいたい。今年は選手層が厚いので、これまでのところはまだ想定内だと思っている。

 

次節は町田戦で、国立アウェイゲーム絶対に勝とう!

 

f:id:satoyoshi31044:20240408221320j:image

f:id:satoyoshi31044:20240408224928j:image

桜から満開で美しかった。

papio

 

2023 J1 第3節 ヴィッセル神戸 対 ガンバ大阪

開幕3連勝!

しかし、対戦相手にも恵まれていることをしっかり認識して、この調子で行こう!

昨年のスタイルを継続し、足りないピースを的確に補強できたことが大きい。

 

結果:   ヴィッセル神戸 4-0   ガンバ大阪

神戸得点:  大迫 勇也(3')、酒井 高徳(47')、武藤 嘉紀(66')、酒井 高徳(73')

観客: 17781人@ノエビアスタジアム神戸

f:id:satoyoshi31044:20230305090633j:image

生観戦して4-0! こんなん、なんぼあってもいいですから!

 

守備の安定がめちゃくちゃ大きい。

中盤は蛍、未月、玲央の3人が連携してスペースを補っていて安定感抜群。

 

CBは、流帆さんが前半で負傷交代により、本多さんが入っても安定感は維持。

山川さん、本多さん共にサイドバックもできることも大きい。いろんなフォーメーションに変更しやすい。

 

でも、開幕からの3戦で個人的なMOMは斎藤未月さんです。事前にリスクやチャンスのスペースを見つけ、的確にポジショニングできており、ボール奪取能力、ボディバランスも素晴らしい。蛍さんとの連携もバッチリ👍。

そりゃ監督は使いたくなるよ。

 

開幕3連勝なんだから、良いこと沢山言いたいけど、沢山ありすぎて絞れない…。

 

なぜうまく結果が出ているか?

昨年終盤で結果を残せたハイプレスから奪取して速攻する戦い方が今のメンバーには合っていること、そして、この戦術に嵌る的確な選手補強ができたことかな?

 

初瀬さんも守備の集中力が抜群に良くなっている。

大迫さん、武藤さんは言うことないよ、安定のパフォーマンス。

 

スタジアム観戦では、全体の動きは良く分からなかったけど、帰宅してDAZNで振り返ってみると、守備はしっかり4-4-2が構築できているし、

攻め時も、例えば汰木さんが移動して空いたスペースには、未月さんがフォローできているし、ポジショニングの練習をしっかりしている印象。当たり前やけど。

 

この調子で勝ち星を重ねてほしいけど、ここで一旦サポーターも気を引き締めないといけない。この3戦は昨年の下位チームであるということ。これから昨年TOP6以上との相手との対戦もあり、そこでの内容で真価が問われますね。

 

しかし開幕三連勝は大きい。これで3/8のルヴァン杯などは、完全なターンオーバーのメンバーぐらいを試してもいいと思う。全部勝とうとしなくていいと思う。

絞るならリーグ戦と天皇杯でいいでしょう。 

 

さあさあこれからですね!

 

PAPIO

2023 J1リーグ 第1節: 対アビスパ福戦 第2節:対コンサドーレ札幌戦

今シーズンは幸先の良い開幕2連勝!!

山川、本多のCFコンビでの守備の安定が大きい。

今季の一番あたりの補強は 斎藤 美月! と思う。

 

第1節  2023年2/18(土曜) 14:00キックオフ

ヴィッセル神戸 1-0   アビスパ福岡

得点 パトリッキ

観客数:18,981人@ノエビアスタジアム神戸

今年のノエスタの顔は楽天モバイルで 

第2節  2023年2/25(土曜) 15:00キックオフ

コンサドーレ札幌 1-3   ヴィッセル神戸

得点 大迫勇也、佐々木大樹、山口蛍

観客数:17,078人@札幌ドーム

 

今季の戦いは、昨年終盤の結果を残したハイプレスからの奪取速攻が基本となりそう。

決してこれまで目指していたスペインのようなパスサッカーではないが、

しっかり結果がでているのだから、文句は言えない。

今の戦い方をベースにいかに+αのスパイスを注入していくかが今季の楽しみの一つでもあります。これは監督の手腕が問われます。

 

さて、今の戦い方にセルジ・サンペールとアンドレス・イニエスタが復帰したときにどのような戦い方をするのかが課題の一つかもしれないです。

 

大迫選手などは、今の戦い方の方が、間違いなくハマる選手ですし、本人もその方がプレーもし易いでしょう。昨年初期のような相手が引いて守備を固めてしまってから、パス回ししてくのは、川崎、横浜ぐらいの成熟度がないと、打開するのは難しいでしょうね。

 

もちろんガンバ戦も現地参戦します。

 

PAPIO

 

 

 

 

 

2022 J1リーグ 第31節 アビスパ福岡 対 ヴィッセル神戸

重要なアウェイ試合で、大変貴重な勝ち点3。J1残留に向けて希望が見えてきた。

残り4試合は強敵続くが、気を引き締めたい。

 

10/1(土)14:00 ベスト電器スタジアム

結果 アビスパ福岡 0-1 ヴィッセル神戸

得点:神戸 21分小林 祐希

観客:10,933人

 

前半に先取点を取れたことが、何よりも大きい。

監督にとってはシナリオ通りのサッカーになったのではないか。

内容に関して、云々言うことは今回は避けたい。

 

ここ4試合で1分3勝という結果は、

チームとして未来につなげるためにも、J1残留が大命題のなか、

申し分のない結果を出せているのは、紛れもない事実。

今季はこの戦術で進めてもらうのがベストだろう。

 

以前のコメントで残留は奇跡と言ったことは猛省。

サポーターとして、望みがある限り最後まで信じて応援しないといけない。

改めて感じさせてもらいました。

 

順位表と残り試合の関係から、あと1勝すれば、安全圏かと思われる。

以前から残留ラインと思っている 勝ち点38までは、残り4試合で

残り4試合で 1勝1分け2敗 以上で勝ち点38に到達。

 

残りの対戦相手が

広島(H)、湘南(H)、川崎(A)、横浜FM(H)

強豪揃いだが、ホーム試合が3試合あるのも、大きなアドバンテージと思う。

気を引き締めてしっかり応援していきたい。

2022年J1リーグ J1残留争い 残り3~5試合   

PAPIO

 

 

2022 J1リーグ 第30節 ヴィッセル神戸 対 ガンバ大阪

前半の完全に試合を支配していたところで得点できていれば・・・。

小林 祐希の存在感が際立っていた。なので前半終了での交代には疑問。

大迫さんはやっぱ違う。救ってくれてありがとう。

f:id:satoyoshi31044:20220923112014j:image

結果

ヴィッセル神戸 2-1 ガンバ大阪

神戸得点: 大迫 勇也(83')PK、 大迫 勇也(90'+3)

観客:21,471人 @ノエビアスタジアム神戸

 

劇的な逆転ゴールで、大興奮でした。

勝ったので非常に嬉しいのですが、あえて苦言も呈したい。

 

小林 祐希の存在感

前半の小林 祐希のプレーが際立っていた。良いところに顔出して、つなぎ役になっていた。ガンバにチャンスはほとんどなかったと思う。

ほぼピンチなく、神戸にビッグチャンスが何度かありました。

あれを得点できていれば、もっと楽に試合できたかもですね。

 

監督というのは結果がすべてだから、勝利したらOK でもないと思う。

小林祐希に体調の心配などがあっての前半での交代なら分かる。

攻撃に厚みを持たす意図で小林祐希を下げるのなら、疑問に思う。

 

後半に入って49分の汰木 康也→小田裕太郎からの深くエグッたクロスからの武藤さんのシュートが入っていれば・・・・。ここまではまだ良かったが・・・。

 

それ以降は、まったく違うチームになってしまった。

小林 祐希が効いていたことが良く分かったと個人的には思う。

なので、結果論だが、後半直後は大迫選手一人交代で、武藤さん右ウイングで良かったのではと思いました。

 

大迫 勇也の半端ないプレー

今節は運も味方についてくれた、ホームのアドバンテージというのかな。

武藤選手がG大阪の福田に足を蹴られたと判定され、PK獲得。

大迫選手が冷静に決めてくれて同点!これで勢いがついたのが良かった。

 

そしてここで、私は見逃していない。PK判定になってから、G大阪のGK東口、それとレアンドロペレイラがペナルティーマークのあたりの芝生を足で乱していた。

本当に汚いことをする選手たちだ、それによりレアンドロペレイライエローカードをもらったのでは?と思っています。東口もだけどね!

 

でも大迫さんがペナルティーキックを冷静に決めてくれて良かった。

 

あとは最後のアディショナルタイムの93分の劇的なゴール!!!!。

このときはスタジアムが沸いたよね!

ほんと凄いね。あのゴールキーパーが準備できないタイミングでシュート打つから効くんだろうね。あのタイミングだよ。

 

選手交代のタイミングについて

後半は交代枠を2枠残していたので、1点リードしたタイミングで、山川選手、郷家選手を投入して、時間を稼いたことと、しっかり守りに入った意図で、これはこれでいいんですけど。やっぱり90分までの交代の仕方には疑問が残ります。

 

ベンチの様子を見ていましたが、1-1のスコアの中、吉田監督が85分あたりで、まだ交代枠2枠残している段階で控え選手をウォーミングアップエリアからベンチに戻していました。

 

この指示は本当に ? だよ。

結果逆転できたからいいものの、いつでも出せるようにアップさせておくべきだよ。2枠も残っているのに。

逆転してから慌てて山川、郷家投入したけど。。

 

監督は結果がすべてなのはわかっている。だがしかし・・・。

 

来季に向けて、監督調査はしっかりよろしくお願い申し上げます。

 

残留ラインは やっぱり勝ち点38ぐらいかな

なんとなくです。

・現在成績: V神戸 試合数29勝ち点31得失点差-9

・残り5試合 

対戦相手 福岡(A)、広島(H)、湘南(H)、川崎(A)、横浜FM(H)

このホーム3連戦で勝ち点7獲得できたのは大きい。希望が繋がった。

 

勝ち点38まであと勝ち点7 

2勝1分2負で勝ち点38←最低ライン

2勝2分1負で勝ち点39←ここを希望

3勝2負  で勝ち点40←安心ラインハッピー想定

 

PAPIO

2022 J1リーグ 第29節 ヴィッセル神戸 対 名古屋グランパス

頑張って引き分けた感じ。戦術や選手間のルールが見えないのが悲しいところ。何故交代枠使わない?

 

結果

ヴィッセル神戸 0-0  名古屋グランパス

観客14,223人 @ノエビアスタジアム神戸

 

あと7試合しかない。

勝ち点38あたりがボーダーラインか。

となると4勝1敗2引き分けでギリ。

これでも結構大変。

 

いやー何で吉田監督は交代枠を、3人も残すのだ??

勝ちに行くなら、交代でメッセージ送るべきだろ?

疲れている選手より、フレッシュな選手の方が良いはずだが…。

本当に手を打つのが遅い。

それともサブの選手はベンチ入りはしているけど、コンディションは良くないのか?

そのあたりはハッキリコメントした方が良い。

 

渚さんとか見たいのに、よっぽど使えないということなのか…??色々謎過ぎる。

 

やっぱり監督だよ。

しっかりした哲学持った監督に長期采配させるべき。今回残留できたら奇跡やな。

 

PAPIO

 

 

 

2022  J1リーグ第22節 鹿島アントラーズ 対 ヴィッセル神戸

勝てた試合だけにもったいない。

選手交代のタイミングが遅かったのでは?

 

結果

2022/07/16 18;00キックオフ

ヴィッセル神戸 -1 鹿島アントラーズ

神戸得点: 大迫 勇也 後半7分

県立カシマサッカースタジアム  観客数:20602人

 

さて、ここ最近は個人的に仕事が忙しすぎて、ブログコメントできず。

しかしながらリーグ戦3連勝と天皇杯勝利で、公式戦4連勝と調子が乗ってきた我が神戸は、難敵鹿島戦に挑むことになりました。

 

いつかは行ってみたいが、遠すぎて行くことができていないカシマスタジアム

ここ10年は神戸はカシマスタジアムで負けていないそうですね。運もある敵地でリーグ戦4連勝といきたかったが、あまりにも惜しい引き分けとなってしまいました。

 

武藤選手の負傷交代は心配だが、交代で入った大迫選手の見事なヘッドで先制点。

鹿島はキムミンテの2枚目イエローで退場となり、数的優位になり、絶好の勝利の方程式は出来上がっていた。

1人少ない相手にボールをよく回し、スタミナを奪っていくことができていたとは思いますが、今日は相手のホームでは絶対に負けられない気迫にやられた感じですね。

 

やはり2点目が欲しかった。そういう意味では押し込まれて危ないシーンが増えてきたタイミングでムゴシャ選手を入れてほしかったかな。結果論なんだろうけど、交代のタイミングが遅すぎたと思うけどね。

 

あとは、かなり疲れがでていた山川選手に代わり、天皇杯で点を取って良い調子の初瀬選手を入れて、右サイドに酒井高徳、左サイドに初瀬の体制にしても良かったのではと思ってしまう。

 

いやあ実に惜しい。最後の10分はスタミナ勝負のところがあるので、フレッシュな選手に変えてほしかった。ロティーナ監督のときもそうだけど、なんで初瀬選手をなかなか途中交代で使わないのだろう。守備の不安定さがやはりあるのかな。監督の信頼を勝ち取れていないのだろうか?

 

しかし、鹿島から勝ち点1を取ったと考えて、次節の柏戦は絶対に勝利してほしい。

久しぶりに現地観戦に行く予定。

 

PAPIO